歴史1


1964年1月 家具の町福岡県大川市でタンスのゲンの前身である有限会社九州工芸が創業しました。業態は家具工場。創業者は橋爪健治。この当時は、婚礼家具(タンス)が爆発的に売れた黄金期。この時代の流れに合わせて婚礼家具工場を開始しています。


歴史2


1991年3月 創業者の息子である橋爪福寿が福岡県筑後市に九州工芸筑後店を開店し小売・オーダー家具を中心に活動。この頃婚礼家具は徐々に衰退するもののバブル期で大川に家具を買いに来る方は多く,来訪者様を奪い合う時代でした。この時代の流れに合わせて実店舗を開業しています。

※写真左は筑後市の店舗(敷地面積100坪)破損が見られるのは台風直後のため。写真右はオーダー家具の取り付けの様子。写真は橋爪福寿。


歴史3


2002年7月 橋爪福寿がインターネット通販を楽天市場で開始。サイト名は「タンスのゲン」で大型家具を販売。この時、婚礼家具の文化的衰退やバブル崩壊によって大川の家具業界は衰退の一途を辿っていました。楽天市場は創業5年目でネット通販が少しずつ利用者が増えていました。この時代の流れに合わせてネット通販を開始しています。(2004年に橋爪健治が死去し、実店舗も閉鎖。2008年に社名をサイト名のタンスのゲンに合わせて変更)


歴史4


2013年 それまで主力として販売していたタンスを主とする大型家具から、家具全般・寝具へと商品展開。同時に直輸入を強化。暮らしに関わる製品を企画販売するD2Cモデルへと徐々に転換しました。当時は2011年の東日本大震災の後、配送料金が高騰しそれまでの大型家具の収益性が大きく悪化していた時期でした。この時代の流れに合わせて商品ラインナップを変換しています。(2015年にベビー用品・アウトドア用品に参入、2016年に家電に参入)


歴史5
歴史6